アドレスV125Sにデイトナ製ウィングシールドSSを装着


デイトナウイングシールド

アドレスV125Sは車体が軽いためか風の抵抗で走行に
影響が出やすく、空気抵抗による体の疲労も大きい。


そこで、ウィングシールドの購入を検討した。

アドレスV125S用を販売しているメーカとしては、
デイトナ、旭風防といったところ。


価格は1万円前後、大きさも様々である。


汎用品で5千円程度の安いものもあったが、
僕は安かろう悪かろうの考えなので、
すぐに却下した。


ウィングシールドを選ぶ条件は、

・スタイルを崩さないこと

・視界の邪魔にならないこと

・風防効果がしっかりあること

とした。


サイズとしては、大きく分けて
大、中、小、と三段階くらいある感じ。


大は顔の前ぐらいまでの高さがあり、
風防効果も最も高いことはわかる。


ただ、シールドが汚れている時や
雨が降った時は視界の妨げになりそうである。

なによりデカすぎて格好が悪い。

よって、大サイズは候補から外れた。


次に小サイズは、メータバイザーというべきか、
風防の効果はほとんどなさそうである。


スタイルは良くなるのかもしれないが、
それ以外にはあまり意味があるものとは思えない。


最後に残った中サイズは、まさにベスト。


シートに跨った時に、シールドが顔の少し下ぐらいなので
視界の邪魔にならないし、胸への風防効果も高そうである。



最終的に、デイトナ製のアドレスV125S専用の
ウィングシールドSSを購入した。

ウイングシールドSS

価格は\11,000円。サイズは高さ26cm、幅31.5cm。


色はスモークでアドレスV125Sのブラックボディに
よく似合う。



実際に取り付けてみて、非常に満足をしている。


スタイルは格段に良くなった。

いかにも原付スクーターっぽいアドレスV125Sも
雰囲気がガラッと変わる。


そして大切な風防効果。


胸に当たる風はほとんどなくなった。


そのかわりシールドが防いだ風が顔の方へ当たるので、
ヘルメットへ受ける風は多少増えた気がする。


それでも体に当たる風がなくなると、長距離走行時の
疲れはぐっと減る。


さらに風の抵抗を受けにくくなるので、
スピードのノリもいい。


ウィングシールドSSの優れているところは、
シールドの角度を10度ほど調整が可能であること。


シールドを寝かせばスポーティーな雰囲気になり、
立たせればクルーザー的な雰囲気にもなる。


そしてカーナビやドリンクホルダーの取り付けに便利な
取付ステーが付属しているので、この部分に色々付けたくなる。


アドレスV125Sに乗ってる方は、ウィングシールドSSは
非常にオススメなのでぜひ購入を検討してほしい。

メールアドレス

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

デュアリーマン ハマケン

デュアリーマン:ハマケン

人気記事
カテゴリー
ハマケンの経歴
history

ページの先頭へ