過労死寸前から理想の生活へ


夢の生活

理想のライフスタイルなんて夢のまた夢と思っていた。


サラリーマンになって4年で初めての転勤を告げられた。

配属された部署の仕事は地獄そのものだった。


慣れない都会での暮らし、新たな人間関係へのストレス、
全く未知の仕事、月100時間を超える残業など、
日々を生きていくのに必死だった。


転勤して半年後、僕は過労死が思い浮かぶくらいまでに
なってしまい、精神状態はどん底だった。


この時、「自由がほしい」と心から思った。


会社を辞めることが手っ取り早い解決策かもしれないが、
そんな勇気もないし、妻を養っていく責任もある。


今の状況を打開していくためには、思考も行動も変えて
いかなければならない。


そのためにまず自分が理想とするライフスタイルは
どんなものなのか、それを実現するためには
なにを考え、どう行動したらいいのかを真剣に考えた。


僕の理想のライフスタイルは、


バイク付きガレージの一軒家に住み、
休日はバイクのメンテナンスやツーリング、
大好きな家族と気ままに旅行に出かける


普段はバイクや漫画、ゲームなどに没頭して
ひとりの時間を満喫」

嫌いな人や面倒な人とはプライベートでは
一切関わらない。


仕事に追われず、お金の余裕もあり、
自分の欲しいものを買ったり、やりたい事にもチャレンジしたり
できる生活。


超多忙な転勤族サラリーマンが、この理想のライフスタイルを
手に入れるためにはどうするか。

そのためには、次の4つが必要である。


①ひとりの自由な時間を増やす

②必要十分なお金を手に入れる

③自分に必要な人間関係のみを構築する

④元気で健康な体になる


僕が提唱する「デュアリーマン」は、これらを積極的に手に入れていく。

デュアリーマンのメンバーには、その思考法や手法について詳しく語っている。


もしあなたも昔の僕と同じように、サラリーマン生活に疲れ苦しんでいるのであれば、
まずは、メンバーになって欲しい。


共に理想のライフスタイルを手に入れよう。

メールアドレス

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

デュアリーマン ハマケン

デュアリーマン:ハマケン

人気記事
カテゴリー
ハマケンの経歴
history

ページの先頭へ