我慢だけの人生に別れ


バイクを我慢しない

大学生時代、移動手段は「自転車」という
選択肢しかなかった。


自宅から大学まで片道20km。

自転車と電車を乗り継いで、
1時間30分かけて通学していた。


友達の多くは原付、バイク、車などで通学してしており、
羨ましく思っていた。


僕もバイトはしてたので原付ぐらいは買えたのだが、
親から危ないからという理由で却下された。


それから会社に入社することを機に、親元から離れたので
バイクへの思いが強くなる。


会社に元暴走族のバイク好きの先輩がいて、
色々話をしているうちに本気で欲しくなり、
買う決心をした。


初めてのバイクは、1万円の50ccスクーター。

メットインもなければ、セルスターターもない。
白い外装は艶が全くなくなって黄ばんでいた。


それでも初めて乗った時は楽しくてワクワクして
何時間も乗り回していた。


それがキッカケで、僕はバイクの虜になった。


「ずっと好きなバイクに乗り続けよう」


しかし、バイクというものは決して安いものではない。

月の小遣いは3万円。余るお金なんてたかがしれてる。

好きなバイクなんて、いつになったら買えるやら。


それで僕は考えを変えた。


「自分で稼ぐしかない」


ネットビジネスには昔から興味はあって、
少しずつやっていたのだが、これを機に本気で取り組んだ。


「バイクが欲しい」というモチベーションは凄まじく、
毎日、毎日パソコンに向かって作業をしていた。


ネット業界は詐欺や嘘が横行していて、
何度も騙され、稼ぐどころか数十万円をドブに捨ててしまった。


それでも思考錯誤しながら、月5万円程度を稼げるようになった。


そしてずっと欲しかったバイクを買った。


この出来事を振り返ると、好きなバイクが欲しいという目標に対して
2つのアプローチがあったということ。


1つは小遣いが貯まるまで我慢する。

もう1つは、自分で稼いでそのお金でバイクを買う。


僕は後者を選んだ。

その結果、好きなバイクを買えたということに加え、
月5万円という定期的な収入が入るようになったのだ。


もし小遣いを貯めるという選択をしてたらこうはならなかっただろう。


これは僕のある自己理念に基づいて行動したことによるものである。


デュアリーマンのメンバーには、人生を豊かにし、ビジネスを成功させるための
基本的なマインドセット(考え方、理念)をお伝えしている。


いまの自分を変えたいと心から思っているのであれば、
ぜひメンバーになって行動を起こして欲しい。

メールアドレス

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

デュアリーマン ハマケン

デュアリーマン:ハマケン

人気記事
カテゴリー
ハマケンの経歴
history

ページの先頭へ