NMAXとPCXを試乗して比較レビュー


NMAX試乗
ヤマハから新たな125ccスクーター、
NMAXが発売されたので、
早速YSPへ行って試乗してきた。

そして最大のライバルである
ホンダのPCXにも
ホンダドリームで続けて試乗した。

NMAXとPCXを乗り比べてきたので
比較してレビューをしてみる。

デザイン


PCXの方がデザインは好みである。

ただ一つだけ気になる点は、タイヤの細さ。
車体の割にあまりにも細すぎて全体のバランスが気になる。
特にリアから見た印象はもうひとつである。


NMAXはというと、タイヤの大きさも太さも絶妙で
全体のフォルムとバランスがいい。

NMAXのエッジの効いたデザインは、
PCXの流麗なデザインとは別物であり、
大きく好みが別れるところである。


エンジン性能


PCXのエンジンはとても静かで振動も少なく
パワーも申し分ない。

あまりにもスムーズな走りをするので、
思わずスピードを出しすぎてしまった。

さらに燃費もかなりいいとのことで、
遠出のツーリングにも十分対応できそうである。


NMAXは、エンジンの鼓動感が気持ちいい。
スクーターでもスポーツ走行を楽しみたいと
いう人にはいいと思う。

そしてもう一つの優れている点が加速力。

これだけ大柄な車体なのに、
力強い走りをしてくれる。

スロットルを回した分だけ、
ちゃんと加速も追従してくる感じだ。


僕がスクーターに求めるのは、
快適性と静寂性なので、
ここではPCXのエンジンに軍配が上がる。


走行性能


PCXもNMAXとも125ccとは思えないほどよく走る。

PCXは14インチの大経タイヤということもあり、
走行時の安定感が非常に高い。

燃料タンクが下にあることから重心が低く、
車重もそれなりにあるため、高速走行時でも
怖さを感じることがない。

快適過ぎて眠くなりそうだったぐらいだ。


NMAXは走っていてとても楽しい。
高速走行時の安定性もありながら、
クイックなハンドリングも持ち合わせる。

13インチタイヤという絶妙なサイズの設定が
そうさせたのかもしれない。

同じ125ccでも乗り味が全く違うので、
好みが大きく分かれると思う。

もしこの2台で購入を迷っているなら
必ず試乗してみた方がいい。


乗り心地


PCXはとにかく乗り心地がいい。

大型バイクと比較しても遜色ないくらいの
快適性がある。

振動が少なく静かなので、長距離運転をしても
疲れが少なそうである。


NMAXはエンジンの鼓動感が強いため、
乗り心地という面から言えば好みが分かれる。

エンジンの鼓動が好きな人にはたまらないが、
それが嫌いな人もいるだろう。


僕は快適性と静寂性を求めているので
PCXの方が好みである。


取り回し


125ccのスクーターにしては大柄なので、
このクラスでは取り回しはあまり良くない。


現在、僕がアドレスV125Sに乗っていることもあり
それと比べると両者とも明らかに重い。


そうは言ってもバイクを押して歩くという
シチュエーションがそれほどあるとは思えないので、
特に気にする必要はないのではと思う。


燃費


PCXもNMAXも少し試乗しただけなので、
実際の燃費が良いか悪いかはわからない。

PCXはアイドリングストップが搭載されており、
高燃費がカタログでもうたわれているのでかなりいいのだろう。


NMAXについては、YSPのスタッフさんに聞いたところ、
購入されたお客さんが平均45km/lぐらい走るとのこと。

毎日の数kmの通勤で平均45km/lは驚異的な数字ではなかろうか。

収納


シート下の収納力は、見た感じでは
「互角」といったところ。

数値上だとNMAXが24Lに対し、
PCXが25Lでやや上回っている。

フルフェイスヘルメットに加え、
雨具やグローブぐらいなら隙間に
収納できるが、それ以上となると
リアボックスが欲しい所。

価格


PCX、NMAXとも30万円オーバで
このクラスでは高額である。

ただ、試乗した感覚で感想を言わせてもらうと、
価格以上の性能を持ち合わせていると思う。

125ccクラスで何を買おうか迷っているなら、
金額だけで判断せず、ぜひ検討候補に入れてほしい。


総評


PCXとNMAXは直接のライバル車とバイク雑誌では
言われているが、試乗してみてよく理由がわかった。

お互いが同じようなバイクなのではなく、
全く別物の個性を持ったバイクであるということ。


PCXは極限まで快適性を求めたバイクであるのに対し、
NMAXはスポーツ走行を楽しませるバイクである。


ともに素晴らしいバイクであることは間違いない。

メールアドレス

この記事に関連する記事一覧

ハマケン のプロフ
人気記事
カテゴリー
経歴
history

ページの先頭へ