サラリーマンに向いてない人は人間関係が苦手


サラリーマンに向いてない人

サラリーマンに向いてない人は、
人間関係が苦手だ。


僕は、ひとり好きなので、
会社の連中と関わることが少ない。


仕事中はもちろん、プライベートでは
一切関わることはない。


よく休日などに、会社の同僚と
ゴルフへ行ったり、バーベキューをしたり、
山へ登ったり交流を深めている人がいる。



なぜ仕事で毎日顔を合わせてる連中と
休日まで一緒に過ごしたいのか。


僕にはその神経が理解できない。


それだったら、まだ家族と旅行へいったり、
子供と遊んでたりしたほうが何倍もましだ。


そんなわけで、僕もサラリーマンに向いてない。


仕事中は同じチーム内のメンターとも
ほとんど会話はない。


あったとしても仕事に関わることのみだ。
プライベートなど話さない。


また、僕は昼休憩も自分の机で黙々と弁当を食べている。

他の連中は外へ外食に行ったり、社内食堂へ行ったりしている。


確かに同僚と仲良くしたり、知り合いを増やせば
仕事はやりやすくなることもあるだろう。


でも僕は自分の信念を曲げたくないので、
いつもひとりぼっちだ。


これには理由がある。


僕も会社に入社した当初は、彼らと同じように
先輩達と仲良くして交流を図ろうとしていた。


でも、そんなことをしてもいいことなどほとんどなかった。


先輩達にプライベートで遊びに誘われたり、
僕に仕事を頼みやすいのか、彼らのやりたくない仕事を
丸投げされたり、どんどんキツくなっていった。


やはり人間は自分の思ったことと逆のことをすると、
ストレスがたまる生き物らしい。


サラリーマンに向いてないなりに、
会社でのやり方もある。


会社を辞めて起業するなんて考える前に、
まずサラリーマン生活をどう快適にやり過ごすかの
人間関係を考える必要がある。

メールアドレス

ハマケン のプロフ
人気記事
カテゴリー
経歴
history

ページの先頭へ