府中美好水遊び広場は幼児もオムツの子もオススメ


美好水遊び広場

東京の府中にある美好水遊び広場は、
オムツがとれてない子がいる家族にはオススメである。


子供にプールで遊ばせてあげたくても、
オムツがとれてない子は入れないプールが非常に多い。


僕も3歳時のオムツがとれてない次男がいるので、
その気持はよくわかる。


東京、神奈川をネットで網羅的に探したのだが、
ほとんどが当たり前のように「オムツ不可」と書かれている。


そんな中で見つけたのが、

「府中美好水遊び広場」

である。

オムツ大歓迎のようである。


入園料は市外からの利用で
大人160円、子供40円と安すぎ。
市内の人ならもっと安い。


ベビーカーは外に置き場があるのでそこに起いて、
貴重品などは更衣室にあるコインロッカーへ入れる。


更衣室は広くないので、
家で着替えてきた方がいいかもしれない。

またコインロッカーは有料だでども、たった10円。

商売する気があるのだろうか。


水遊び広場には、日除けのあるベンチがあるので、
そこに水筒やタオルなどを置いて場所をとっておくと
休憩がしやすい。

水遊び

プールではなく水遊び広場なので、
がっつり泳ぐとか流れるプールで遊ぶとかいうことはできない。

でも小さな子や幼児が水遊びをするには
最適ではないだろうか。


水深は大人のヒザ下くらいで、
小さな敷地内にライフセイバーは5~6人と
安全面はまず問題ない。


僕が一番良いと思ったのは滑り台。

滑り台を滑ると水の中へ突っ込んでいくので、
子供はその水しぶきが上がるのが楽しいようである。


もちろんまだ水が怖いという子も、
滑り台という慣れ親しんだ遊具が一緒であれば、
水への恐怖心も薄れていくというものである。


次に全方向からシャワーが放射される橋。

子供は水が顔にかかるのは怖くて嫌がる子が多い。
この橋はその恐怖を克服するのによい。

橋は階段のようになっているので、
ちゃんと足元を見ながらでないと前に進むことができない。


そうすると自然と目を開ける必要があるので、
水の中で目を開ける訓練にもなる。


さらにシャワーは想像以上に勢いがあり、
しかも全方位からくるのでいい意味で逃げ場がない。


僕の次男も最初は怖がっていたが、
繰り返すうちに楽しくなってきたのか
何度も橋をわたるようになっていた。


その他にも噴水があったり、水遊び用のオモチャが
自由に使えたりで、あっといいう間の2時間※だった。
※2時間の入れ替え制


一緒に着いてきてた5歳時の長男も満足のようで
おそらく小学校の低学年ぐらいでも十分楽しめる施設である。

水遊びの後は、近くの讃岐うどん喜三郎で冷し担々うどんを
いただき大満足の一日だった。

メールアドレス

ハマケン のプロフ
人気記事
カテゴリー
経歴
history

ページの先頭へ