バイクでの旅先で先輩のバイクが故障


バイク旅で故障

福岡から大分まで1泊2日のバイク旅。

会社の先輩が実家の大分へ帰るから、
そのついでにツーリングへ行こうと
よくわからないまま誘われた。


目的地は先輩の実家がある大分。

先輩は実家に帰り、僕は大分市内の
スーパー銭湯へ泊まる。

片道150km程度の旅だ。


先輩のバイクはZZR250、僕はNX125という
ちょっとマニアックなオフ車だ。


直列2気筒の250ccと単気筒125ccとでは
排気量が不釣合いなため、
先輩は僕に合わせるように走ってくれた。


ただ旅の途中、何度か先輩のバイクが
エンストするようになった。


先輩はアクセルをできるだけ煽りながら
騙し騙し走っていた。


そうこうしながらも何とか大分まで到着。

僕のバイクはシートが固く、振動も激しいので、
オシリは痛いし手が痺れていた。


先輩はというと、アクセルを煽りながら
走っていたので、握力がなくなったといっていた。


よくここまで走ってきたものだと関心した。


そしてよく朝、福岡へ向けて帰るのに
先輩と待ち合わせの場所へ向かった。


すると先輩がバイクに乗っていない。

どうやら完全にエンジンがかからなくなったようで、
ここまで歩いて来たとのこと。


じゃあ帰りは僕ひとりで帰ることになるのかと
思っていたのだが、先輩は、

「タンデムして帰ろう」

という。

僕はビビった。

片道150kmを125ccのオフ車で、
しかもタンデム。


ひとりで走るのも大変だったのに、
大丈夫なのか不安だった。


帰りの旅は過酷だった。


山の中を走るので気温が低く寒い。

さらに途中で何度か雨にも打たれ、
追い打ちをかけた。


先輩と僕で交代で運転をしたが、
疲れからか、僕は後ろの席で何度も寝そうになった。


先輩から「起きろ!」と何度も起こされた。

疲れと眠気との戦いだった。


眠気覚ましに途中でブラックのコーヒーを飲んだり、
寒さを紛らすためにカップラーメンを食べたり、
走行風や雨から見を守るためにゴミ袋を被ったり。


色々大変だったがなんとか福岡まで帰ってきた。


125ccバイクでも2人を乗せて150kmを走れるんだと
ちょっとした自信にもなった。


楽しいはずのバイク旅が、過酷なものになったのは
先輩のバイクが壊れたことにもあるのだが、
いまとなってはいい思い出である。


ハプニングも含めてバイク旅は面白い。

メールアドレス

ハマケン のプロフ
人気記事
カテゴリー
経歴
history

ページの先頭へ