既婚サラリーマンはお小遣いを当てにしてはいけない


お小遣い
既婚のサラリーマンはお小遣い制の人が
多いのではかと思う。

あなたもそうではないだろうか。

そして、その金額では
全然足りない、と思ってないだろうか。


僕も妻から毎月3万円のお小遣いをもらっている。

使い道は、会社の付き合いで飲みにいったり、
昼食を食べたり、出張に行った時の家族への
おみやげを買ったり、子供のオモチャやお菓子を
買ったりする。

それだけで月3万円くらい綺麗になくなってしまう。
それが普通であろう。

もちろん、自分の欲しいものや、
やりたい事に使うお金なんてない。

僕はそこに疑問に思った。


毎日夜遅くまで残業し、ストレスを感じながらも必死に働き、
サラリーマンなりにそれなりに稼いでいる。


それなのに自分が自由に使えるお金がたった3万円なんて。
仕事にやる気なんて出るはずがない。


そこでどうやったらお小遣いを増やすことができるか考えた。


昼食を食べずに食費を浮かせて節約するか。

会社の飲み会を断るか。

妻にお小遣いを上げてくれと頭を下げてお願いするか。


どれもマイナスな考えばかりで
全く気乗りがしない。


お小遣いを増やすとか減らすではなく、

「もうお小遣いに頼るのはやめよう」


自分の欲しい物ややりたい事をするための
お金は自分で稼ぐことにした。

そう、サラリーマン以外の方法で。


それで僕はネットビジネスを始めた。

多くの失敗と多額の出費をしたが、
いまではお小遣いより多くの収入がある。


お小遣いは自分のサラリーマン生活に必要なものに使い、
それ以外の収入、それは自由に使えるお金。


好きなバイクを買ったり、ゲームや漫画を買ったりするのも
なんの躊躇もなく可能である。


家族や子供にも全く迷惑をかけていない。
とても素晴らしいことだと思っている。


僕はサラリーマンでありながら、自由と夢を追いかけているが、
それにはお金が必要っである。


バイクガレージ付きの一軒家で暮らすという夢もたくさんの
お金を貯めないといけない。


僕はそれをサラリーマンの収入ではなく、
自らが生み出した収入で購入するつもりである。


夢を叶えるにはお金は必要だから。


あなたがもし今のお小遣いで満足していない、足りないと
感じているのであれば、ぜひ自分の力で稼いで行くことをオススメする。


なにも脱サラして起業しろといっているのではない。
このご時世でそんなリスクを追う必要はない。


もし本気で稼ぎたいなら、僕のグループに参加してほしい。
具体的な方法をお教えするので。

メールアドレス

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

デュアリーマン ハマケン

デュアリーマン:ハマケン

人気記事
カテゴリー
ハマケンの経歴
history

ページの先頭へ