10kmマラソンで制限時間内に完走


10kmマラソン
横浜の赤レンガ倉庫前で開催された
「よこはま春風ラン」に参加した。

そして見事、10kmを1度も歩かずに、
しかも制限時間内に完走できたのである。


たった10kmかと思われるかもしれないが、
20年以上も走っていない僕にとっては
果てしなく長い距離だ。


最後に10kmを走ったのは高校2年の時。
サッカーをやっていたので、そこそこのタイムで
走っていた。


でも今は違う。


タイムではなく完走できるかできないかの
状態である。


大会の2週間前から2日に1度のペースで
近所をランニングしてみた。


スマホのアプリでラップタイムを
計測してみると、平均7分/km。

対して高校の時は平均4分/km。


倍近く遅くなっている。


しかも、1度に走れる距離が3km程度となっている。

それ以上は、横腹が痛くなったり、膝が痛くなったり、
腰が痛くなったり、アキレス腱が痛くなったり、
呼吸が苦しくなったりと、あらゆる痛みが襲う。


根性でどうにかできるような痛みではない。


僕は3kmしか走れないんだ、と愕然した。


それでも2週間走り続け、3kmであれば
なんとか走れるようになった。


そんな状態で臨んだ大会だった。


大会当日、不運なことに大雨に襲われた。


スタート開始30分前から雨足が強くなり、
走る前から皆ビシャビシャである。


体は冷え上がり、靴は水分を含んで重くなり、
視界は悪く、かなりの悪条件だった。


そしてスタートした。


僕は集団の1番前からスタートしたのだが、
ものの数分で50人くらいに抜かれた。


皆、飛ぶように走り抜けていく。


僕より歳をとったオジさんや、かなりふくよかな
女性にも簡単に抜かれた。



でも僕は周りを気にしないようにした。
これは自分との戦いなのだから。


3km走ったところで足が止まった。

それはそうだ。練習で3kmしか走っていないのだから。


3km以上は未知の世界。

息が苦しくて何度も歩きそうになった。


でも今回の目標は歩かずに完走すること。

どんなにゆっくりでも走ることを心がけた。



また、この大会は制限時間が設けられており、
1時間20分以内にゴールしないと失格となる。


つまり、平均8分/km以上のペースで
走り続けなくてはならないのである。


3kmまでは平均7分/kmでは走れたとしても
それ以上はどうなるか。


徐々にペースは落ちてきたが、残り2kmを切った頃に
急に体が軽くなった。


自分でもなぜそうなったかわからないが、
まだまだ走れるという感覚になったのだ。


ラストスパートができそうだったので、
ペースを上げた。


20mくらい前を走る若い女性を追い越すのを
目標にしようと、少しずつ近づいていった。


ゴール間際で彼女を抜き、無事ゴールした。


わずか10kmのレースだったが、いろんな事を考え
苦しみにも耐え、そして目標をもって走ることができ
とてもよい挑戦だったと思う。

*** 結果 ****

記録:1時間5分55秒
順位:88位
ラップタイム
2km : 11分40秒
4km : 13分01秒
6km : 13分46秒
8km : 14分08秒
10km : 13分20秒

次はハーフマラソンに挑戦したいと思う。

メールアドレス

この記事に関連する記事一覧

ハマケン のプロフ
人気記事
カテゴリー
経歴
history

ページの先頭へ