過度のストレスは本当に抜け毛が増える


ストレスによる抜け毛

月100時間残業を続けていた頃、
僕は過度のストレスを受けていた。


職業柄、失敗の許されない仕事のため、
精神的なプレッシャーも多く、
それが長時間、長期間に及ぶ。


その結果、頭髪の抜け毛がどんどん増えていった。


どんな時にそれを実感するかというと、
最も多いのがシャンプー後の抜け毛だ。


紙を洗い流していくと、抜け毛がどんどん落ちて
排水口へ流されていく。


いったいどれくらいの本数が抜けてるのだろうと、
洗い流す際に、桶で水を受けて抜け毛の本数を数えてみた。


1日100本くらいなら許容範囲とよくいわれるが、
そんな程度ではなかった。


それ以外にも、
毎日のバイク通勤の際に被るヘルメットから
抜け毛が見れれるようになった。


ストレス発散のためのバイク通勤が
抜け毛を見ることでストレスになった。


また、デスクでの仕事中に、頭髪を描き上げるたびに
デスクの上に抜け毛が数本必ず落ちてくる。


ストレスは体の血流を悪くするため、
頭皮まで栄養が回らなくなる。


頭頂部が薄くなったのを気づいたのは、
美容室でのこと。


カットが終わった後、
後ろ側を鏡で見せてもらった時だ。


頭頂部の地肌が異常に透けて見えて
いることに気づいた。


最初は美容師さんが髪を切りすぎたんだろうと
思っていたが、その後いつまでたっても
ボリュームが増えない。


僕は絶望した。

両親もそれ以上の家系にもハゲがいないのに
僕はハゲかかっている。


シャンプーを替えたり、リアップを試したり、
頭皮マッサージをしたり。


リアップは1年程度は効果があったが、
それ以降は効かなくなってしまった。


結果的に、僕はAGAという病気に
かかったことが原因で抜け毛が増えていたようである。


AGAと診断してくれた先生からは、
原因はハッキリしないが、職場でのストレスが
引き金となった可能性もあるとのこと。


残念ながらAGAになると、完治することはできないので
一生付き合っていくことになる。


でもAGAを抑制する方法は確立されているので、
病院へ通ったり、薬を続けていれば問題ない。


あなたもAGAにかかって後悔をする前に、
日々のストレスと上手く付き合っていく方法を
考えておくことをオススメする。

メールアドレス

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

デュアリーマン ハマケン

デュアリーマン:ハマケン

人気記事
カテゴリー
ハマケンの経歴
history

ページの先頭へ