満員電車が苦手な人はサラリーマンに向いてない


満員電車

僕は満員電車が大の苦手だ。

人に押しつぶされ、身動きもとれず、
女性には近づかないように注意しないといけない。

このような状況に我慢できない。

やはり僕はサラリーマンに向いてない。


県外から電車通勤している同僚がいる。


朝5時に起床し、6時の電車に乗車。

片道2時間半、途中で満員電車にも乗り換える。


帰りは夜22時頃まで仕事をし、
朝乗ってきた電車に乗って帰路につく。


僕には信じられないことだった。


毎日5時間を通勤で時間を浪費し、
さらには満員電車でストレスを感じ、
それを毎日繰り返す。


僕だったら間違いなく引っ越す。

もちろん出費は大きいが、
それを上回るメリットの方が大きい。


同僚は言う。

「もう慣れたよ、寝てれば着くし平気だよ」


人は習慣化すると苦痛に思えなくなるから不思議だ。


優秀なサラリーマンは我慢することが得意だ。
でも、我慢を美徳とする考えはいかがなものか。


いくら慣れたからといって、
それをずっと続けていれば体にも負担がかかることは事実。


現実から目をそむけてると言わざるおえない。


人間は慣れというものが一番怖い。


僕は月100時間の残業が習慣的になるような時期があった。

僕はそれが当たり前の状況になってしまってて、
苦しかったが問題なく働けていた。


普通に考えれば、過労が懸念される仕事量である。

当然、体に無理がきて体調に異変が起こるようになった。


その頃に発症した病気は、いまも完治してないものが多々ある。


このように、我慢や慣れてることがわからなくなるのは避けたい。


サラリーマンとして健康に働いていくためには、
満員電車なんかに人生を費やしてはいけない。


定期的に自分の生活を客観的にみて、
自分が無理してないかを見直すようにしたい。

メールアドレス

プロフィール

デュアリーマン ハマケン

デュアリーマン:ハマケン

人気記事
カテゴリー
ハマケンの経歴
history

ページの先頭へ