ひとりでできる仕事は最高に楽しい


ひとりの仕事

チームワークとか一致団結とか、
皆で同じ目標に向かってとか、
そんな言葉が大嫌いだ。


つまり僕は組織が嫌いなので、
サラリーマンには向いていない。


責任感のある大きな仕事をしたいとも思わないし、
部下をとりまとめてプロジェクトを成功させたいなど、
どうでもいい。


どんなに小さな仕事でも、自分の好きな仕事に
没頭していたほうがいくらか楽しい。


僕はひとりでできる仕事が好きだ。


パソコンにデータを入力する仕事、
プログラムを組む仕事、文章を書く仕事など、
ひとりで完結する作業は最高に楽しい。


時間を忘れて没頭できるというのは、
なににも変えがたい有意義な時だ。



上司や部下と報告・連絡・相談を蜜にしながら、
チームで仕事をするというものよりは遥かに気が楽だ。


人には適材適所というのがあって、
表に立ってどんどん仕事を推し進めるタイプの人もいれば、
縁の下の力持ち的な影でせかせかと仕事を進める人もいる。


僕は後者のタイプだ。


サラリーマンとして出世をしたいなら、もっとアクティブに
行動を起こし、成果を上げていく必要がある。


残念ながら、僕には出世したいという願望が全くない。

いまの会社の上司を見ていても、
それに憧れないからだ。


僕はサラリーマンとして成功するのではなく、
ネットビジネスという裏の世界で成功したいと頑張っている。



ネットビジネスはひとりで仕事ができ、
黙々と作業をすることができる。


僕にはぴったりの仕事なのである。


収入面にしてもネットビジネスに注力する理由がある。


サラリーマンは管理職になれば月数万円程度の
管理職手当を貰えることがある。


管理職になるためには、並大抵な努力ではなれない。
それなりの力量や器も必要。



そんなことに力を注ぐよりも、ネットビジネスに
力を注ぎ込めば、数年で管理職手当を超える収入を
得ることができる。


デュアリーマンとは、サラリーマンの仕事を適当にこなし、
ネットビジネスに全力を尽くすサラリーマンのこと。


あなたもデュアリーマンになりたいのであれば、
力を注ぐべき仕事はなにか考えて欲しい。


一生の中であなたの時間は有限である。


限られた時間の中でなにに重きを置いて生きていくかを
しっかり考えて行動をしていってほしい。

メールアドレス

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

デュアリーマン ハマケン

デュアリーマン:ハマケン

人気記事
カテゴリー
ハマケンの経歴
history

ページの先頭へ