駐車場で自損事故。想定外の驚きの修理代とは


自損事故
「やってしまった」

次男を車で幼稚園に送り、
駐車場から左に曲がって
出ようとした時のことだ。

「ガリガリ、バキバキ」

僕の車に「何か」が当たった。


音は車の左後方からだ。


車を降りて確認すると、

「逆U字型の支柱」

に当たってたのだ。


支柱の黄色い塗装が
左サイドのスポイラーに付着し、
大きなガリガリ傷とスポイラーの外れ。


頭の中が真っ白になった。

なぜこの支柱に気づかなかったのか。


原因は3つだ。

・急ぎの予定があって焦っていた

・運転席から左側の支柱が見えなかった

・雨が降っていて視界が悪かった


やってしまったことはしょうがない。

まずは支柱が曲がってしまったので、
幼稚園に事情を説明した。

「ここぶつけて行かれる人多いんですよね」
「園長に相談して請求などがあれば連絡します」

とのこと。


よくぶつかってるんだったら、
何か対策をしておいてくれ、
と心に思いながらグッとこらえた。


次は保険会社に連絡した。


自損事故の保険にも入っていたので、
とりあえずは保険適用されるとのこと。

ひとまず安心した。


ただ、もし保険を使うとなると
等級が3つ落ち、3年間で6万4千円ぐらい
保険料が上がるとのこと。


つまり、免責5万円を含めて勘案すると
修理代が11万4千円より高ければ、
保険を使った方がよいとのこと。


なので、次にやることは
修理代の見積もりだ。


保険会社が紹介してくれた
自動車修理場へ持ち込んだ。


僕の見積もりでは、
スポイラーにしか損傷はなさそうなので、
部品代と取付代で5万円程度だろうと
算段していた。


しかし現実は甘かった。

「28万8155円」


修理場の見積もり

スポイラーだけでなく、
左のスライドドアが若干凹んでいるので
スライドドアの交換が必要とのこと。


「マジか」


とりあえず検討しますと、
自動車修理場を後にした。


僕はもしかしたら
素人だからと高い金額を
ふっかけられてるのかと思い、

ディーラーに持ち込んで
同じように見積もりをした。


その結果、

「28万457円」

ディーラー見積もり
修理代も修理内容もほぼ同じ。

妥当だったわけだ。


僕は保険を使うことを決心し、
そのままディーラーに修理をお願いした。


修理期間は10日前後。
代車も貸してもらえるとのこと。


保険の大切さを改めて感じたできごとだった。

メールアドレス

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

デュアリーマン ハマケン

デュアリーマン:ハマケン

人気記事
カテゴリー
ハマケンの経歴
history

ページの先頭へ